スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魔法の言葉講座って?!(その3)

現在、申込受付中の、9月28日(土)に予定しています、

『魔法の言葉講座 × いただき繕ランチ』

今日は、今回の講師である藤井秀樹先生の個人セッションを
体験したことのあるスタッフMの体験談をお届けします!

::::::::::::
私は、慢性の”腰痛”についての相談をしました。
といっても、実際に腰をみてもらうことは一切していません。
したのは、問診とオーリングテストという筋肉反射テストのみです。

藤井先生は、たくさんの患者さんを観てこられて、
多くの方が、それぞれに抱えておらえる問題は、つきつめていくと、
両親との関係にいきつくことが多いことに気づかれたそうです。
ですから、私も両親との関係についてのお話もしました。

私の両親は、どちらかというと、放任タイプの両親でしたし、
私も、両親の言いなりになるということは全くというほどなく、
好き勝手をして生きてきたと思っていました。

ところが!!
先生のオーリングテストでは、

・私は自分の人生を10%しか生きていない。
・90%は、母親の人生を歩んでいる。

ということを言われました。

「そんなはずないけどなあ」という気持ちの後、
「そうかも・・」という気持ちが出てきました。

そして、処方された言葉は、

「選んでくれてありがとう」

具体的な言い方の指示があり、3週間続けるように言われました。
また、合わせて、手の甲の中指の辺りを揉むように言われました。

その日から、早速、言葉を言うことと手の甲を揉むことを始めました。

翌日、手の甲に、ひどいアザがいくつかできました。
何か、悪いものが流れ出した、という感じがしました。
(現在も時々、同じように揉んでみますが、もうアザはできません)
そして、言葉も、できるだけ言っていました。

3週間後、腰痛は完全に治ったとは言えませんが、
明らかに腰も心も軽くなったことを感じました。
そして何よりも、その間に、母親が変わり始めました!

先生の治療を受けて、
「私は自分の人生を10%しか生きていない」
と、思ってもいなかったことを言われました。
そして、私は、「そうかもしれない」と思いました。
こう思った瞬間から、
身体や心、そして母親にまで変化が始まったと思っています。

::::::::::::::::::

(藤井先生からのメッセージ)

 抱えている問題は目に見えている現象で、
 本当の問題は別にあります
 魔法の言葉は本当の問題に対して言う言葉です
 その言葉が見つかれば楽に変化してしまいます

::::::::::::::::::

私は、たまたま腰に症状が出ていましたが、
本当の問題に気づくために、
身体が送ってくれていたサインだったと今は思っています。

この講座に参加して、すべての問題が一気に解決するとは限りませんが、
何か大きなきっかけはつかめるかもしれません。

:::::::::::::::::::::

※ 「魔法の言葉講座」の申込〆切りは、
  9月27日(金)午後5時とさせていただきます。
  みなさまのご参加をお待ちしています。








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。